イメージセロトニンは人体中に約10ミリグラム存在しており、そのうちの90%は小腸に、約8%は血小板に、残り2%は中枢神経系にあり人間の精神活動に大きく影響しているといわれています。

脳内で働くセロトニンは、ノルアドレナリン、ドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の一つです。

セロトニンは、脳幹部の中央にある縫線核(ほうせんかく)でトリプトファンにより合成され、起きている間脳全体へ送られています。

 

セロトニンには心を落ち着かせ、気持ちの高ぶりを鎮める効果があります。

・嫌な出来事でイライラする⇒ノルアドレナリンの高まり
・うれしくて興奮した状態⇒ドーパミンの高まり

快、不快にかかわらず、気持ちが高まりすぎたときにセロトニンが分泌され、興奮状態を落ち着かせてくれます。

セロトニンが不足する原因とその症状

現代人は乱れたライフスタイルを送っている事が多く、セロトニンが不足しやすいといわれています。

セロトニンが不足する原因

・太陽の光を浴びていない
・食生活の乱れ
・運動不足
・昼夜逆転の生活
・慢性のストレス

 
セロトニンが不足すると、様々な精神症状となって表れます。

セロトニンが不足した時の症状

・イライラしやすくなる
・キレやすくなる
・少しの事でも不安になる
・うつ症状
・朝起きられない
・頭が重く、頭痛がする
・過食になる
・慢性的な疲労感

セロトニンを増やす方法

えがお

リズム運動を行う
セロトニンを増やすのにリズミカルな動きが効果的といわれています。
リズム運動の代表的なものに、踏み台昇降(階段でもOK)、歩く、呼吸を意識する、ガムを噛むなどがあります。
時間は5分~30分行うと効果的です。
なんでもない運動ですが、リズムを意識し、集中して行う事が大切です。

 

太陽を浴びる
セロトニンを増やすのに太陽の光を浴びる事が効果的といわれています。
太陽の光を浴びるとセロトニンの原料トリプトファンが活性化されて、結果的にセロトニンが増えることになります。
時間は5分以上30分以内が効果的です。
正しくは太陽の光を浴びるのではなく、目からの光刺激(目で光を見ること)が大事です。

 

食べ物で増やす
セロトニンの原料はトリプトファンという必須アミノ酸です。
そして脳内でセロトニンを合成する時に必要なのがビタミンB6です。
セロトニンを増やすためにはトリプトファンとビタミンB6を多く含む食事が効果的です。

トリプトファンを多く含む食べ物

・豆腐などの大豆製品
・牛乳
・卵
・ハチミツ
・ツナ
・玄米
・鶏肉、豚肉
・かつお節
・ゴマ

ビタミンB6を多く含む食べ物

・にんにく
・マグロ、かつお、秋刀魚
・レバー
・ナッツ類
・バナナ、アボガド
・玄米
・きなこ

さらに炭水化物(ご飯やパン)と一緒に食べるとトリプトファンの吸収率が高まります。