PMS(月経前症候群)で婦人科に行った場合に、1番処方される事が多いのがピル(経口避妊薬)になります。

ピルは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)に似た成分がが配合された女性ホルモン薬で、
女性ホルモンの分泌を一定に保つことができる薬です。

その結果、避妊、月経周期の安定、月経量の軽減、月経痛の軽減、PMSの軽減、などの効果が期待できます。

PMSと低容量ピル

PMSで処方されるピルは低容量ピルと言われるピルです。

低容量ピルとは副作用を少なくするために、女性ホルモンの量をギリギリまで抑えているピルの事です。

 

低用量ピルには「・マーベロン・ヤーズ・トリキュラー・アンジュ」などがあり、
配合されている卵胞ホルモン、黄体ホルモンの種類と量がそれぞれ違います。

 

ピルシートピルは1回分が1シートになっており、21錠と28錠入りの2パターンがあります。

21錠のものは飲み終わると7日間休んでから、次のシートを飲み始めます。

28錠のものは最後の7錠には薬の成分が入っていません、これは7日間休むことで薬の再開忘れを防ぐ目的でそうなっています。

ピルは一度飲み始めたら1日もかかす事なく飲み続ける事で効果を発揮する薬なので、飲み忘れると面倒な事になってしまいます。

 

そしてピルには1相性と3相性のものがあります。

ピルは決められた順番で飲み続けて効果を発揮する薬です。

1相性は期間中1粒の配合量が変わらない、3相性は主に黄体ホルモンの量が増えたり減ったりして、トータルでバランスをとる飲み方になります。

 
マーベロン,ヤーズ → 1相性
トリキュラー,アンジュ → 3相性

ピルでPMSは必ずよくなるの?

ピルはPMSの軽減に必ず効果を発揮するのかといえば、100%とはいえないようです。

ピルには種類(ホルモンのバランス)とタイプ(1相性、3相性)があり、自分にあわないピル、あうピルの個人差が激しく、それは飲んでみないとわからないからです。

 

例えばAさんはマーベロンで劇的にPMSが改善したけれど、BさんはマーベロンでPMSが悪化してしまう事もあります。

またPMSはよくなったけれど、肌荒れが起こるなど他の症状がでてしまうこともあります。

 

1種類目で自分の体質や症状にバッチリのピルを見つける方もいれば、何種類か飲んで自分にピッタリなピルを見つける方もいるし、あきらめる方もいるでしょう。

 

いろんなケースが考えれれますが、ピルは副作用もあるお薬ですし、医師と相談しながら自分にあうピルを見つけていく事になるかと思います。