PMS(月経前症候群)の症状は身体的なものから精神的なものまでじつに様々です。

漢方はPMSに効きそうなイメージがありますが、
残念ながらダイレクトにPMSに効く漢方薬というものは存在しません。

ここではPMSの症状にいいと評判のものを紹介しています。

漢方薬
植物、動物、鉱物の自然界に存在するもの2種類以上を原料にして、症状や個人の体格などを考慮して処方される薬です。症状そのものをダイレクトに治すのが私達が普段飲む薬ですが、漢方は体質から変えるように、大きな視点で病気を捉えて治そうとする薬です。
加味逍遙散
(カミショウヨウサン)
体力中等度以下
のぼせ感があり,肩がこり,疲れやすく,精神不安やいらだちなどの精神神経症状,ときに便秘の傾向のある方
症状】冷え症,虚弱体質,月経不順,月経困難,更年期障害,ホルモンバランスの崩れ,不眠症

矢印加味逍遙散

桂枝茯苓丸
(ケイシブクリョウガン)
比較的体力がある
ときに下腹部痛,肩こり,頭重,めまい,のぼせて足冷えなどがある方
症状】月経不順,月経異常,月経痛,更年期障害,ホルモンバランスの崩れ,肩こり,めまい,頭重,打ち身(打撲症),しもやけ,しみ,湿疹,皮膚炎,にきび

矢印桂枝茯苓丸

半夏厚朴湯
(ハンゲコウボクトウ)
体力中等度をめやす
気分がふさいで,咽喉・食道部に異物感があり,ときに動悸,めまい,嘔気などのある方
症状
不安神経症,神経性胃炎,つわり,せき,しわがれ声,のどのつかえ感

矢印半夏厚朴湯

当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)
体力虚弱
冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく,ときに下腹部痛,頭重,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸のある方
症状
月経不順,月経異常,月経痛,更年期障害,産前産後あるいは流産による障害(貧血/疲労倦怠/めまい/むくみ),めまい・立ちくらみ,頭重,肩こり,腰痛,足腰の冷え症,しもやけ,むくみ,しみ,耳鳴り

矢印当帰芍薬散

桂枝加竜骨牡蛎湯
(けいしかりゅうこつぼれいとう)
体力中等度以下
疲れやすく,神経過敏で,興奮しやすい方
症状】神経質,不眠症,小児夜泣き,夜尿症,眼精疲労,神経症

矢印桂枝加竜骨牡蛎湯

抑肝散
(よくかんさん)
症状】神経がたかぶる,怒りやすい,イライラする,眠れない,まぶたのケイレン,手足のふるえ

矢印抑肝散