管理人の場合なんですが、PMSになると酸っぱいものが無性に食べたくなり、食べる時があります。

酸っぱいものの中でも、ポン酢、お酢、梅干し、系を好んで食べていて、レモンとかの果物の酸っぱさは苦手です。

これは生理前以外でも嫌いなので、いらないだけかも知れません。

 

でも生理前に毎回酸っぱいものを食べたくなるかといえばそうではありません。

3年位前は結構な頻度で酸っぱいものを欲していました、お昼に我慢できなくて、ありったけの大根をすってポン酢で食べたり、
食パンにもポン酢をかけたり、酢の物にもポン酢・・・という感じで酸っぱいものをとにかくもの凄く食べたかったし、食べていました。

でも最近は回数も量も減ってきて、だいぶ落ち着いた感じです。

酸っぱいものを食べたくなるのに考えられる3つの原因

矢印 体が疲れている

体が疲れると乳酸という疲労物質が体内にたまり、それを排出してくれるのがクエン酸です。

酸っぱい食べものにはクエン酸が多く含まれているので、体が疲れると酸っぱいものを食べたくなるのだそうです。

生理前に体が疲れていると、いつもよりも酸っぱいものが食べたくなってしまうのかもしれませんね。

 

矢印 肝機能が低下している

肝臓は体の老廃物を代謝してくれる臓器です。

肝臓が弱っている時はその働きが鈍くなり、その結果体に疲れがたまって、酸っぱいものが食べたくなるのだそうです。

結局は体が疲れているからという事なんですが、単なる疲れより、肝機能の低下のほうが怖いですよね。

普段から体の疲れがなかなかとれないという方は、一度病院を受診してみたほうがいいのかも知れません。

 

矢印 亜鉛不足

亜鉛が不足していても、酸っぱいものが食べたくなるんだそうです。

どうしてなのか理由がよくわからなかったんですが、妊婦さんが酸っぱいものを欲しがるも亜鉛が不足するからなんだそうです。

あと亜鉛が不足すると味覚異常が起こるので、その事も関係あるのかも知れませんね。

亜鉛はホルモンのバランスを整えてくれるPMSにはうれしい成分なので、普段から心がけて積極的に摂っていきたい栄養素です。

 

亜鉛(あえん)
亜鉛(あえん)は他の栄養素を体の中で使う時、神経伝達やホルモンを運ぶ手伝いをする時、酵素がスムーズに働けるように補うミネラルの1つです。
亜鉛が不足すると体のあらゆるところに不調が起こります。
現代人は亜鉛が不足気味の方が多くなってきています。

PMSと亜鉛
PMS(月経前症候群)の方に亜鉛(あえん)不足がみられる事があります。
亜鉛はホルモンの伝達時にも必要なミネラルです。
亜鉛が不足するとホルモンを正常に運ぶ事ができなくなる為、PMSの症状が起こりやすくなります。

亜鉛必要量 ・男性9mg ・女性7mg ・上限30mg
亜鉛不足 ・肌荒れ ・爪の変形 ・抜け毛 ・免疫力の低下 ・ホルモンバランス悪化 ・視力低下 ・味覚障害 ・貧血 ・精力減退 ・物忘れ ・傷が治りにくい など
亜鉛食べ物 ・牡蠣 たらこ ・するめ ・うなぎ ・ほたて ・豚レバー ・たまご ・パプリカ ・アーモンド ・ゴマ ・落花生 ・チーズ ・納豆 ・玄米 ・白米 ・抹茶 ・ココア など
亜鉛注意点 特になし

 

矢印人気の亜鉛配合サプリメント